会員自治体プロフィール

京都府伊根町

本町は京都府北部の丹後半島北端に位置し、面積62平方キロメートル、東から北は日本海に面し、南は宮津市、西は京丹後市に隣接しています。
昭和29年に旧伊根村、朝妻村、本庄村、筒川村の四村が合併して伊根町となり、昨年、町制施行60周年を迎えました。
人口は約2千3百人で、府下で2番目に小さく、65歳以上の割合は43パーセントを超え府下で最も高くなっています。
基幹産業は、水産業、農業の一次産業ですが、近年は、観光業も水産業と肩を並べる規模となってきています。
本町には、伊根湾の地理的特徴、気象要件、そして漁師の生活要件が相まって建てられた「舟屋」が約230軒建ち並び、独特の風情を持った他の地域には例をみない景観を形成しており、平成17年7月に漁村としては全国初の「国の重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けました。保存地域に大きく海が含まれている地区はここ伊根だけです。
本町をイメージで言えば、モンサンミシェルとベニスを足して2で割ったような街と自負しております。その真意は、是非、当町に足を運んでいただき、ご自身の目でご確認ください。

トピックス

トピックスはありません。

Google Maps
▲ ページのトップに戻る
お問い合わせ サイトのご利用について 特別区全国連携プロジェクト:東京23区 特別区長会 公益財団法人特別区協議会