会員自治体プロフィール

茨城県筑西市

筑西市は、万葉集にも歌われている筑波山の西側に位置し、風光明媚で豊かな自然環境に抱かれた人口約10万5千人、面積205.3㎢の茨城県西部の中心都市です。
市域はほぼ平坦で、利根川の支流、鬼怒川(きぬがわ)・大谷川(おおやがわ)・五行川(ごぎょうがわ)・小貝川(こかいがわ)等の河川が南北に流れ、肥沃な田園地帯を形成しています。
農業・工業・商業の調和のとれた産業構造のもと発展を続けていますが、特に農業産出額は全国有数で、特産の米や、梨、こだまスイカ、キュウリ、トマト、イチゴ、常陸そばは、全国の消費者から高い評価を受けています。なお、当市でとれたお米(ミルキークィーン)が、山形県で開催されました「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」において最優秀賞を受賞いたしました。
また、本市は、重さ約2トンの大神輿と30数基の子ども神輿、そして姫神輿が渡御する「下館祇園まつり」、毎年人気力士がゲストとして登場する「どすこいペア」、100万本の黄色い花畑「あけのひまわりフェスティバル」、華麗な戦国絵巻の武者行列「小栗判官(おぐりはんがん)まつり」、安倍晴明(あべのせいめい)の伝説の地、真岡線SL列車の始発駅、鬼怒川・勤行川の鮭の産卵などで知られています。
そして、何といっても2人の文化勲章受章者「陶芸家の板谷波山(いたやはざん)氏」、「洋画家の森田茂(もりたしげる)氏」のふるさとであり、また、重要無形文化財保持者(人間国宝)「漆芸家の大西勲(おおにしいさお)氏」が市内で創作活動をされていることは、市民の大きな誇りとなっています。三人の作品は、しもだて美術館や板谷波山記念館でご覧いただけます。
筑西市は、自然が豊かで、食べるものが美味しく、歴史・文化資源を備えたとても魅力ある「まち」です。

トピックス

トピックスはありません。

Google Maps
▲ ページのトップに戻る
お問い合わせ サイトのご利用について 特別区全国連携プロジェクト:東京23区 特別区長会 公益財団法人特別区協議会